イヌフィラリア症 狂犬病 パルボウイルス感染症 ジステンパー コロナウイルス感染症 イヌ伝染性肝炎
イヌヘルペス感染症 イヌヘルペス感染症 ネコ伝染性腸炎 ネコ免疫不全ウィルス感染症 バルトレナ症 その他の病気
熱中症 バベシア症



病気の豆知識

マダニに注意を!


 バベシア症(Babesiosis)の原因
 
マダニによって媒介されるバベシアという原虫によって引き起こされる溶血性の疾病です(バベシアをピロプラズマとも呼ぶのでピロプラズマ症と呼ばれることもります)。バベシアは70種類以上が知られており、種類によって寄生する動物が異なります。犬に寄生するバベシアはバベシア・ギブソニ(Babesia gibsoni)とバベシア・カニス(Babesia canis)の2種類です。日本ではバベシアギブソニがほとんどで、バベシア・カニスの感染は沖縄に限定されています。バベシア・カニスとギブソニは形も大きさも違います。バベシアギブソニは2x1.2マイクロメートルで、バベシアカニス(5x2-3マイクロメートル)に比べて小さいのが特徴です。

バベシアの感染経路
 
バベシアはマダニ(フタトゲチマダニ、ツリガネチマダニ、ヤマトマダニおよびクリイロコイタマダニ)が媒介します。一般に犬バベシア症は関西以西の病気だと考えられていますが、感染地域の広がりと、犬バベシア症に感染した犬の移動に伴い全国で発生が認められるようになっています。ダニのいそうな山や公園、草むらなどで遊んだ後は、特に念入りに体をチェックしてダニが吸血し始める前に取り除きましょう。バベシア原虫がダニからを犬に移るのに36〜48時間必要と言われていますので、吸血前にダニを取り除けば感染の可能性を非常に低く出来ます。

他の感染経路
輸血、血液に汚染された針および道具、胎盤を通じた母子感染、闘犬及びそれに近い喧嘩によっても感染するようです。

潜伏期間
バベシアに感染してから発症するまでの期間は10〜21日といわれていますが、潜伏感染する場合もあるので、感染の時期を特定するのは困難です。

症状

劇症
症状は、低体温、ショック、昏睡、DIC(播種性血管内凝固、血栓で全身の血管が詰まる重篤な病気)、代謝性アシドーシスがあります。幼犬または老犬では、死に至る場合も少なくありません。

急性症
溶血性貧血、血尿、溶血による貧血のため歯茎、舌などが白くなる、脾臓の肥大、黄疸、リンパ節障害、嘔吐。

慢性症
犬の免疫力とバベシアとが釣合った状態です。犬の免疫力が勝っている時には症状は無く、バベシアが優位になると次のような症状が出ることを繰り返します。症状には、発熱,元気消失,食欲不振、体調不良、咳や苦しそうな呼吸、便秘、下痢、胃潰瘍、口内炎、浮腫、腹部膨満(腹水)、皮下出血、発疹(紫斑)、白血球数の減少、血が凝固しにくくなる、関節の腫脹、背中の痛み、てんかん発作、肝臓の酵素値(GOT,GPT)の増加、血小板の減少、目が異常に光る、リンパ節の肥大、脾臓の肥大、細菌性ショック、抑鬱状態、などがあります。

無症候性キャリアー
バベシア病は周期的な疾病(マラリアに似ている)です。初期の感染から回復しても、バベシア原虫を体内から完全に駆除することは大変難しく、多くの場合は症状の無い(無症候性)キャリアーとなります。この状態は数ヶ月から数年(またはもっと長く)続きますが、環境ストレスや免疫抑制剤(ステロイド)の投与、他の感染症の罹患などにより再発する危険性があります。臨床症状は個々の犬の状態、感染の時期、年齢、免疫状態、他の伝染病の罹患等により大きく変わります。

診断
 
バベシア感染の診断方法は次の二種類があります。

  1. 血液塗沫標本をGiemsa染色し赤血球上の原虫を顕微鏡で検出できます。通常の静脈から採血するよりも、耳などの毛細血管から採血したほうが検出し易いといわれています。採血し顕微鏡で観察できる赤血球は血液のごくごく一部です。ですから、原虫がかなり増えてこないと、きちんと標本を作製し染色しても検出できないこともあります。感染した赤血球の割合はバベシア ギブソニで2〜6%、バベシア カニスではもっと少ないと言われています。
  2. IFA(Indirect Fluorescent Antibody Assay, 間接蛍光抗体)テストは犬の血清中に存在するバベシア原虫に対する抗体を測定します。測定結果は抗体を検出できる血清の希釈倍率で表示されます(10倍、20倍、40倍、80倍、160倍・・・)。40倍以下の希釈倍率で陽性となった場合は感染していないと判定され、80倍以上の希釈倍率でも陽性の場合は、感染または感染歴があると判定されます。最近はバベシア原虫のDNAで判定するPCR法も開発され、感度良くバベシアの種類も同定出来るようになってきています。国内で受託分析を行なっている施設があるのかどうか情報を持っておりません。 

犬は言葉で症状を訴えることが出来ないので、血尿や色の濃い色の尿を出した時は、様子を見たりせず、尿検査、血液検査(バベシアの検査も含めて)受けるようにしてください。

誤診される可能性のある疾病
溶血性貧血、腎臓不全、血液異常、血小板減少症、エイズ、自己免疫疾患、フォンビルブランド病(遺伝性出血病)、白血病、DIC(播種性血管内凝固、血栓で全身の血管が詰まる重篤な病気)。


                                                                      (TOP)    このページの先頭へ↑